フォローしてね!
サクラバタカシをフォローする

タムロンからEマウント用望遠レンズ発売! 70-180mm F/2.8 Di III VXD

皆さんこんにちは!

新型コロナウイルスの影響でいいニュースがなかなかない中
新しいEマウントレンズの発表がありました!

望遠レンズって大きくて価格も高いってイメージですよね。

しかし!
タムロンから新しい望遠レンズが発売されるそうなので、
今回はそのレンズについて話していこうと思います!

それではスタート🚗

スポンサーリンク

70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056) 発売日

発売日

2020年5月14日

ただ新型コロナウイルス感染症の影響によって発売延期の可能性あり

メーカーはタムロン(TAMRON)

どんなメーカー?

過去にもEマウント用のレンズを出していて、
製品も高品質です。
純正に比べ、堅牢性に不安はありますが低価格で販売しているので、
初心者でも手が出やすい商品が多くあります。

堅牢性の不安と言ってもこのレンズが壊れる衝撃を食らうと純正でもどうなるかはわかりません。笑
大事に扱ってください。

中でも
28-75mm F/2.8 (Model A036)は、
カメラ・写真系YouTuberのレビューも多く、
人気となり一時手に入らない状態が続いていました!

このレンズの価格は?

価格

メーカーのサイトでは
希望小売価格 150,000円(税抜)
なので税込 165,000円

ヨドバシでは
137,500円(税込)+ポイント10%還元(13,750ポイント)
実質 123,750円

マップカメラでは
123,750円(税抜)
なので税込 137,500円

これを見るとヨドバシが一番安いかも

SEL70200GMとの価格差

SEL70200GMの価格

希望小売価格
330,000円(税抜)

価格差

今回は希望小売価格(税込)で計算してます

363,000円(SEL70200GM)
-165,000円(70-180mm F/2.8 Di III VXD)

=198,000

この差やばくないですか?笑
実際はソニーストアで買うと割引などがあるのでもう少し安くなるにしても、
20万くらいの価格差がありました。

レンズの特長(メーカーサイトより引用)

この項目はメーカー公式サイトより引用しております↓

https://www.tamron.co.jp/news/press_release/20200407.html

1.ミラーレスカメラの機動力を最大限に活かせるコンパクトなレンズボディ

Model A056は徹底的な携行性・利便性向上を図るため、望遠側焦点距離を180mmとし、全長可変式ズーム機構を採用。さらに、カメラボディ内防振機構を活用することで、開放F/2.8通しの明るい高性能レンズでありながら驚異的な小型・軽量サイズを達成しました(フィルター径φ67mm、最大径φ81mm、長さ149mm (70mm時)、重量810g)。この機動力により、自由度の高い手持ち撮影を存分に楽しむことができます。高画質とコンパクト化の両立に拘りつづけたタムロンが、新たなデジタル時代の要望に応えて生み出した渾身の1本です。

2.高速・高精度なAFを実現するリニアモーターフォーカス機構VXDを新開発

AF駆動には、タムロン初となるリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を新たに開発・搭載しました。髪の毛1本分の1/10以下である0.005mm単位での制御と高速動作を両立し、かつてない高速・高精度AFを誇ります。また、本レンズでは2つのVXDを高度に電子制御するフローティングシステムを採用。至近から遠景までクリアで美しい描写性能を発揮するとともに、小型・軽量化にも寄与しています。静音性にも大変優れているため、静粛性が求められる撮影においても作動音を抑えた撮影を実現します。さらに、望遠ズームレンズで主要な被写体となることの多い、スポーツや乗り物などに対するフォーカス追従性が大幅に向上。静止画だけでなく動画撮影でもストレスのない高精度な撮影をお楽しみいただけます。

3.妥協のない高画質

レンズ構成は14群19枚。XLD (eXtra Low Dispersion)レンズとLD (Low Dispersion:異常低分散)レンズをあわせて6枚、GM (ガラスモールド非球面)レンズと複合非球面レンズをあわせて3枚使用しています。特殊硝材レンズを贅沢かつ適切に配置することで、画面の中心から隅々に至るまで色収差を抑制した写りと非常に高い解像性能を発揮します。また本レンズでは、ゴーストやフレアの発生を抑え、逆光条件でも被写体のディテールを緻密に描き出すことができるBBAR-G2 (Broad-Band Anti-Reflection Generation 2)コーティングを採用。圧倒的なヌケ感とクリアな写りを可能にします。歪曲収差や周辺光量はカメラ側の補正機能を積極的に活用し、ズーム全域において絞り開放から均質な高画質を実現。加えて、明るいF値で撮影した際のボケ味もやわらかくなめらかです。タムロンが理想とする“コンパクト化と高画質の両立”を、画質面からもご体感ください。

4.フルサイズミラーレス用シリーズで統一したフィルター径φ67mm

フィルター径は、先行する超広角ズームレンズ17-28mm F/2.8 (Model A046)や標準ズームレンズ28-75mm F/2.8 (Model A036)など、同じく当社製フルサイズミラーレス用シリーズと共通であるφ67mmとなっています。複数の交換レンズを使う場合であっても、NDフィルターやPLフィルターなど、フィルターワーク時にかかる負担を大幅に軽減します。また、フロントキャップも共通となるので、レンズ交換時に径の異なるキャップを探す手間がなくなり、撮影時のストレス緩和にもつながります。

5.最短撮影距離0.85mを達成

本レンズの最短撮影距離は大口径望遠ズームレンズとしては驚きの0.85m (ズーム全域)。最短撮影距離が短いことから、特に望遠端180mmにおいては、最大撮影倍率1:4.6の迫力ある撮影が可能です。また、諸収差をより効率よく抑制するため、リニアモーターフォーカス機構「VXD」を2組搭載したフローティング機構を採用。これにより、0.85mまでの近距離撮影でも良好な画質を維持しています。

カメラ側でマニュアルフォーカス(MF)に設定した場合のみ70mm側で0.27mの「近接領域」での撮影が可能になります。ただし、周辺部分では画質が低下する為ピントが合いづらくなります。
詳しくはサポートページをご覧ください。
http://www.tamron.jp/support/guide/closeup.html

6.快適な撮影をサポートする簡易防滴構造・防汚コート・ズームロック機構

レンズ鏡筒の可動部や接合部など、主要な箇所に防滴用のシーリングを配し、レンズ内部に水が侵入しにくい簡易防滴構造となっています。また、レンズ最前面には撥水性・撥油性に優れたフッ素化合物による防汚コートを搭載。水滴、手の脂などの汚れが拭き取りやすく、メンテナンスが容易です。加えて、ズームロック機構を採用しているため、携帯時の自重落下を防ぎます。

7.カメラの主な機能に対応

・ファストハイブリットAF 
・瞳AF
・ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)
・カメラ内レンズ補正(周辺光量、倍率色収差、歪曲収差)
・カメラによるレンズ本体ファームウェアアップデート

※各種機能につきましては各カメラにより異なります。詳しくはカメラの取扱説明書にてご確認ください。(2020年1月現在)

8.フルサイズミラーレス用大口径ズームレンズ3機種ラインアップが完成

使いやすく高画質なEマウント対応の大口径ズームレンズとしてご好評いただいている、超広角ズームレンズ17-28mm F/2.8 (Model A046)および標準ズームレンズ28-75mm F/2.8 (Model A036)に、新たに望遠ズームである本レンズが加わったことで、フルサイズミラーレス用大口径ズームレンズ3本が揃いました。本シリーズ最大の特長は携行性の高さです。3本をあわせても総重量は1,780gと驚異的な軽さを実現し、「大口径超広角・標準・望遠ズームレンズ3本を気軽に持ち運び、本格的な撮影を楽しむ」という夢を叶えます。

出典:「70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)」

特長を見て感じたこと

  1. コンパクトさ

    純正のSEL70200GMと比べかなりコンパクトに収まっています。
    このスペックでこの軽さはいいですね!

  2. 高速・高精度のAF性能

    タムロンの28-75 f2.8のレンズを持っていますが、問題ないのでこのレンズも信用できます!

  3. 高画質

    これも上で話した通り他のレンズでも満足できたので、このレンズも問題ないと思われます。

  4. 統一されたフィルター径

    本当にこれはありがたいです。
    これで、
    広角ズーム・標準ズーム・望遠ズーム全てのフィルターを共有できます!
    こんなシステム他にはないはず!

  5. 最短撮影距離が短い

    AF作動時はSEL70200GMと比べ0.11m寄れる。
    MFにすると70mm側で0.27mまで寄ることができる!
    ただし周辺の画質が低下するので、構図が限られる。
    日の丸構図ならあり。
    APS-Cのカメラに付けるとどうなるか気になりますね!

  6. 簡易防滴構造・防汚コート・ズームロック機構

    防滴と防汚は安心できますね!
    ズームロック機構もあると便利!
    標準ズームにも付けて欲しかった・・・。

  7. カメラの主な機能に対応

    普通に使っていて困ることはないです!
    逆に使えない項目があるのかな?

  8. 大口径ズームレンズ3機種完成

    タムロンのレンズのみでシステムが組めるようになりました!
    助かる!

まとめ すごい望遠レンズが出たな笑

今回は公式サイトの内容を中心に思ったことを書いてみました。

いやー、欲しいですね。笑

これでほぼ全ての焦点距離はカバーされました。
あとは超望遠が出るとさらに面白くなりますね!

これからEマウントレンズの購入を考えている方は、今後の情報にも必見ですね。

今回はこの辺で失礼します。

過去シグマの標準ズームレンズが発売されたときに、
ソニー・タムロン・シグマの標準ズームレンズを比較した記事も書いてますので、
是非そちらもご覧ください!

それでは、バイバーイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました