フォローしてね!
サクラバタカシをフォローする

レンズのお手入れ簡単 クリーニングティッシュ

king クリーニングティッシュ

レンズのお手入れ簡単 クリーニングティッシュ

皆さんこんにちは!
カメラのメンテナンスきちんと行っていますか?

めんどくさくて疎かになっていませんか?

自分疎かになってしまっている事もあります。笑

でもレンズが汚れていると写真の写りにも影響してきます!

そんな方におすすめ、超簡単なメンテナンス手順と用品を紹介します!

今回使うクリーニングティッシュめっちゃ使いやすいので是非使ってみて下さい!

スポンサーリンク

レンズクリーニング前の準備

  • ブロアー
カメラコーナーによくあるシュポシュポしてホコリを飛ばすやつ
  • ブラシ(柔らかくレンズ用のもの)
ブロアーで落ちない大きい異物を取り除く為
  • king製 クリーニングティッシュ
どこのメーカーでもあまり違いはないと思いますが、私はking製のを使っています

レンズのメンテナンス手順・注意点

※注意していただきたいことがあります。

ブロアーなどでホコリを取り除く前にクリーニングティッシュでレンズを拭かない!

なぜか?

レンズについているホコリでレンズを傷つけてしまう可能性があります。
きれいに見えてもメンテナンスを行う前はブロアーなどでホコリを取り除くことをオススメします!

※クリーニングティッシュを使う前は機械の電源も切って下さい。

手順

1. ブロアーでホコリを吹き飛ばす
  大体この工程で埃が無くなるはず。

2. ブラシやハケでホコリを払い落とす
  前の工程で埃が取りきれなかったときに使用。
  レンズの中心から円を描くようにブラッシングします。

3. 場合によって1と2の工程を数回繰り返す
  これは保険でやっておくといった感じです。

4. クリーニングティッシュの登場です
  ひとつひとつ小分けになって包装されているので袋の切り取り線から破り取り出します。
  この際も中心から円を描くように拭いていきます。

5. この工程も場合によって繰り返す
  ※ここでも注意点!
  一度拭いたらそのクリーニングティッシュは使わないことをオススメします。
  ただ捨てるのはもったいないので、私はレンズ外観やカメラ本体のボディに使っています。
  速乾性があるので乾拭きはしなくても良さそう。
  気になる方はクロスなどで拭き取って下さい。

6. レンズをドライボックスや防湿庫に入れて完了
  ドライボックスは乾燥剤の交換を忘れたりすると逆に蒸れてしまったり、
  逆に湿度が下がりすぎてゴムが劣化したり、
  レンズ内の潤滑油までカラカラになってしまうことがあるようです。
  ほとんどメンテナンスフリーで湿度を管理してくれる防湿庫をオススメします。

クリーニングティッシュを使ってメンテナンス

メリット

  • コンパクトなので鞄に何個か入れておくと便利。
  • 速乾性があるとパッケージには書いていないが、すぐ乾く。
  • 24枚入り、50枚入り、100枚入りと梱包容量のバリエーションがある。(試しに24枚入りを買ってみるのもアリだと思う)
  • カメラ以外にも液晶モニターや、メガネ、スマホなどにも使える。
  • 帯電防止効果で埃がつきにくくなる。

デメリット

  • 酷い汚れだと1枚では落としきれない。
  • 梱包が開けにくい。
  • 薄くてサイズも小さい為レンズに指が触れてしまいそうになる。

レンズのメンテナンスにクリーニングティッシュを使ってみた結果

今回はレンズのメンテナンス方法とking製クリーニングティッシュを紹介しました。

簡単にレンズがきれいになるので私は気に入っています!

ウェットタイプのシートですが、すぐ乾き拭き跡もほとんど残りませんでした!

デメリットであげた酷い汚れの場合は諦めて洗浄液とクロスを使ったほうが早いと思いますが、落ちないわけではありません。

ただ強く擦りすぎると傷の原因となりますのでご注意ください。

あくまで自己流ですが、大体皆さんと同じ方法だと思います。

初めて買った時は50枚入りを買い、100枚入りにすれば良かったと後悔してすぐ買いました!笑
100枚入りの方が少し安かった・・・。残念

価格は100枚入りで1,000円程です!
大体1枚10円ですね。

この商品ひとつだけネットで買うと送料が高くなる場合がありますのでお気を付けを!

今回はこの辺で失礼します。

バイバーイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました