フォローしてね!
サクラバタカシをフォローする

α7Ⅲ これから買うのは遅い? α全シリーズ比較 フルサイズ編まとめ記事

α7Ⅲ これから買うのは遅い? α全シリーズ比較 フルサイズ編まとめ記事

皆さんこんにちは!

今回は今からα7Ⅲ購入を考えている方迷っている方フルサイズデビューしようと思っている方に向けて話していこうと思います。

そろそろα7Ⅳの発表が囁かれていて迷っている方も多くいらっしゃると思いますが、
今買っても後悔しないのか考えていきましょう!

それではスタート🚗

スポンサーリンク

SONY のフルサイズミラーレス α の種類

SONY α のフルサイズラインナップは

  • 初心者にもおすすめで動画も写真もいけるバランスタイプ
    α7シリーズ
  • 高感度耐性に優れた低画素モデルの動画撮影特化タイプ
    α7Sシリーズ
  • 圧倒的高画素モデルので写真特化タイプ
    α7Rシリーズ
  • ミラーレスカメラのフルサイズ機でフラッグシップモデルであり最高のバランスタイプ
    α9シリーズ

大きく分けてこの4種類になってます。

α7Ⅲの位置付け

その中でα7Ⅲは無印α7シリーズの3代目のカメラに位置付けられています。

無印のα7シリーズとは?

上で書いた通り、それぞれのカメラで特化しているもので種類が分けられています。

無印のα7シリーズは
α7Sシリーズに比べ特別高感度に強かったり
α7Rシリーズのように高画素のモデルではありません。

何かにすごく特化しているカメラではないです。
しかし、一部の性能は上位機種をも超えるものもありながらバランスもよく、
α全シリーズのいいとこ取りといった感じです!

SONYの公式にはBASICとされています。

α7・α7S・α7R・α9の最新モデルを比較

公式サイトの情報から抜粋して比較していきます!

α7Ⅲα7SⅡα7RⅣα9Ⅱ
価格(ソニーストア価格)229,880円+税248,880円+税399,000円+税545,00円+税
カメラ有効画素数約2420万画素約1220万画素約6100万画素約2420万画素
総画素数約2530万画素約1240万画素約6250万画素約2830万画素
ファインダードット数2,359,296ドット2,359,296ドット5,760,000ドット3,686,400ドット
液晶モニタードット数921,600ドット1,228,800ドット1,440,000ドット1,440,000ドット
ピクチャープロファイル切/PP1-PP10
(ブラックレベル、ガンマ
(Movie, Still, Cine1-4, ITU709, ITU709 (800%),
S-Log2, S-Log3, HLG, HLG1-3
ブラックガンマ、ニー、カラーモード、彩度、
色相、色の深さ、ディテール、コピー、リセット)
切/PP1-PP10
(ブラックレベル、ガンマ
(Movie, Still, Cine1-4, ITU709, ITU709 (800%),
S-Log2, S-Log3, HLG, HLG1-3)
ブラックガンマ、ニー、カラーモード、彩度、
色相、色の深さ、ディテール、コピー、リセット)
切/PP1-PP10
(ブラックレベル、ガンマ
(Movie, Still, Cine1-4, ITU709, ITU709 (800%),
S-Log2, S-Log3, HLG, HLG1-3)
ブラックガンマ、ニー、カラーモード、彩度、
色相、色の深さ、ディテール、コピー、リセット)
非搭載
シーンセレクション機能ポートレート、スポーツ、マクロ、風景、
夕景、夜景、夜景ポートレート
ポートレート、風景、マクロ、スポーツ、夕景、
夜景ポートレート、夜景、手持ち夜景、人物ブレ軽減
非搭載非搭載
測距点数35mmフルサイズ時:693点(位相差検出方式)、
フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:299点(位相差検出方式)、
APS-Cレンズ装着時:221点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)
169点35mmフルサイズ時:567点(位相差検出方式)、
フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:325点(位相差検出方式)、

APS-Cレンズ装着:247点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)
35mmフルサイズ時:693点(位相差検出方式)、
フルサイズレンズ装着かつAPS-C読み出し時:299点(位相差検出方式)、

APS-Cレンズ装着:221点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式)
フォーカスエリアワイド(693点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式))
ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット
ロックオンAF
(ワイド/ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット)
ワイド(169点(コントラスト検出方式))
ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット
ロックオンAF
(ワイド/ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット)
ワイド(567点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式))
ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット
トラッキング
(ワイド/ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット)
ワイド(693点(位相差検出方式)/425点(コントラスト検出方式))
ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット
トラッキング
(ワイド/ゾーン/中央/フレキシブルスポット(S/M/L)/拡張フレキシブルスポット)
ISO感度(推奨露光指数)静止画撮影時:ISO100-51200(拡張:下限ISO50、上限ISO204800)、
AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能) 
動画撮影時:ISO100-51200相当(拡張:上限ISO102400)、
AUTO(ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
静止画撮影時: ISO100-102400 (拡張:下限ISO50、上限ISO409600)、
AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)、
動画撮影時:ISO100-102400相当(拡張:上限ISO409600)、
AUTO (ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
静止画撮影時:ISO100-32000(拡張:下限ISO50、上限ISO102400)、
AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)
動画撮影時:ISO100-32000相当、
AUTO (ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
[静止画]
メカシャッター時: ISO100-51200 (拡張:下限ISO50、上限ISO204800)、
AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)、

電子シャッター時: ISO100-25600 (拡張:下限ISO50)、
AUTO (ISO100-12800、上限/下限設定可能)、

[動画]
ISO100-51200相当(拡張:上限ISO102400)、
AUTO (ISO100-12800相当、上限/下限設定可能)
使用電池NP-FZ100NP-FW50NP-FZ100NP-FZ100
静止画撮影可能枚数/時間ファインダー使用時:約610枚
液晶モニター使用時:約710枚

ファインダー使用時:約310枚 液晶モニター使用時:約370枚 ファインダー使用時:約530枚
液晶モニター使用時:約670枚
ファインダー使用時:約500枚
液晶モニター使用時:約690枚
実動画撮影時ファインダー使用時:約115分 
液晶モニター使用時:約125分
ファインダー使用時:約55分、
液晶モニター使用時:約60分
ファインダー使用時:約90分 
液晶モニター使用時:約105分
ファインダー使用時:約110分 
液晶モニター使用時:約120分
連続動画撮影時ファインダー使用時:約200分
液晶モニター使用時:約210分
ファインダー使用時:約95分、
液晶モニター使用時:約100分
ファインダー使用時:約160分
液晶モニター使用時:約170分
ファインダー使用時:約195分
液晶モニター使用時:約200分
質量
(バッテリーとメモリカードを含む)
約650g約627g約665g約678g
質量
(本体のみ)
約565g約584g約580g約593g

α7Ⅲのおすすめポイント

  • 上位機種同等の優れたAF性能が使える
  • 少しの差だが、フルサイズ機で一番軽い
  • バッテリー持ちがシリーズトップ
  • 高過ぎない画素数
  • Log撮影が可能

上位機種同等の優れたAF性能が使える

ホーカスエリアがα9Ⅱと同じなので、細かいピントの調整をAFで行える。

写る範囲のほぼ全てをカバーしてます!

少しの差だが、フルサイズ機で一番軽い

数グラムの差ですが一番軽いです。

もっと言うと他のカメラ軽すぎっ!

SONYの技術凄いなぁーと思わされます。

バッテリー持ちがシリーズトップ

写真を撮るだけだと1日中持ちます!

省エネの一眼レフには劣るかも?

1日で1000枚取る予定なら予備バッテリーが必要。

高過ぎない画素数

連写をしたときや撮った後の処理軽い

でも、画質が悪いわけではない!

パソコンのスペックもあげないとα7RⅣは処理しきれない。

Log撮影が可能

通常の動画撮影とは違う点は撮影後に色の編集を前提にしていることです。

編集でLUTというものをあて色を変えてもノイズが出にくかったり、
編集がしやすいデータを記録できます。

これができるようになると映画を撮影したようなドラマチックおしゃれな映像が撮れます!

初めての方はバランスの良いα7Ⅲ

これからカメラを買う方へ

何度も言いますが、α7Ⅲはバランスが最高に良いです!

項目によっては上位機種と並んでしまうか、それ以上の性能を持ってます!

シリーズの中で一番価格が低いにも関わらず、
コストパフォーマンスが最高です!

まとめ

フルサイズを初めてみようと言う方はα7Ⅲをお勧めします!

決して安いわけではありませんが、
シリーズの中では最安且つ高スペック!

α7Ⅳを待っている方もいらっしゃると思いますが、
発売価格は恐らく25万〜30万程度になると思われます。

最新機種が欲しいと言う方以外は満足できるスペックが揃っていると思います!

今回はカメラ本体の話でしたが過去にはα7Ⅲにお勧めなレンズの話もしているので、
合わせて見て頂ければ完璧です! ↓ 多分・・・。笑

今回はこの辺で、失礼します!

バイバーイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました