フォローしてね!
サクラバタカシをフォローする

Feiyu pocket(フェイユーポケット)登場! Osmo Pocketに激似だけど何が違うの?

皆さんこんにちは!

新しいカメラ無いかなーって色々みてたらなんか面白そう!

というか、あれ???笑

というカメラを発見しました!

今回はそのカメラを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

Feiyu Tech(フェイユーテック)から Feiyu pocket 登場!

Feiyu Techとは?

皆さんはFeiyu Techというメーカーをご存知ですか?

Feiyu Techはスタビライザーやジンバルの老舗メーカーで、
最近はアクションカメラ(RICCA)を発売するなど同じくジンバルを作っているDJIを意識したような商品を出してきています。

価格帯は同じか少し低めで提供している印象です。

Feiyu Tech公式ホームページ

クラウドファンディングで登場

GREEN FUNDING(クラウドファンディン)で登場し目標金額を大幅に上回る資金を獲得しています。
2020年4月19日現時点で目標の2300%を超えています!
GREEN FUNDINGのホームページとFeiyu pocketページはこちら↓

Feiyu pocket

GREEN FUNDING公式ホームページ

次はこのカメラの性能を外見そっくりなOsmo Pocketと比較しながら紹介していきます!

Feiyu pocket と DJI の Osmo Pocket を比較

これまでFeiyu Techがどんなメーカーなのか話してきましたが、
ここからが本題です!

早速比較しながらスペックを確認していきましょう!

比較表

Feiyu pocketOsmoPocket
外観————
サイズ124.5×40.5×30mm121.9×36.9×28.6mm
質量(バッテリー込み)115g116g
ディスプレイサイズ1.3インチ1.08インチ
カメラ性能————
センサーサイズ1/2.5インチ CMOS
有効画素数:8.51M
1/2.3インチ CMOS
有効画素数:12M
レンズFOV:120° F2.8
換算:14mm
FOV:80° F2.0
換算:26mm
ISO感度100〜3200100〜3200
電子シャッター速度16秒〜1/8000秒8秒〜1/8000秒
最大静止画サイズ3840×2144ピクセル4000×3000ピクセル
静止画モード通常撮影、パノラマ撮影シングルショット、パノラマ、タイムラプス、
モーションラプス、ハイパーラプス
動画解像度4K:3840×2160
24/25/30/48/50/60fps
1080P:1920×1080
24/25/30/48/50/60/120fps
4K Ultra HD:3840×2160
24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080
24/25/30/48/50/60/120p
動画撮影モード通常撮影、タイムラプス、モーションラプス、
スローモーション(FOV制限なし)
オート、スローモーション
写真フォーマットJPEG / JPEG+DNGJPEG / JPEG+DNG
動画フォーマットMP4 / MOV (MPEG-4 AVC / H.264)MP4 / MOV (MPEG-4 AVC / H.264)
対応SDカードMicroSD
最大容量:512 GB
MicroSD
最大容量:256 GB
ジンバル性能————
操作可能範囲パン:+60°〜-254°
チルト:±140°
ロール:±90°
パン:-230°〜+50°
チルト:-95°〜50°
ロール:±45°
最大操作速度180°/s120°/s
角度ブレ範囲詳細不明±0.02°
バッテリー性能————
チャージポートUSB type CUSB type C
容量875mAh875mAh
動作環境温度0〜40℃0〜40℃
駆動時間270分(1080P/60fps)
210分(4K/30fps)
140分
(1080p/30fps動画撮影時)
充電時間1.2時間
(10W充電器使用時)
73分
(10W充電器使用時)
その他————
Wi-Fi接続搭載別途モジュール購入で可能
1/4インチネジ穴底部に装備無し
付属品Feiyu pocket本体、専用保護ケース、
リストストラップ、
USB type C ケーブル
Osmo Pocket本体、カバー、
電源ケーブル、
スマートフォンアダプター(USB C/Lightning)
対応アプリFeiyu CamDJI Mimo

機能の違い

表を見て感じたポイントについて紹介していきます。

写りの違い

画角はFeiyu pocketの方が広く写りますが、
絞りはf2.8とそこそこの明るさです。

一方Osmo Pocketは画角は少し狭めだけど、
絞りはf2.0Feiyu pocketより明るいレンズが搭載されています。

なので光量が少ない暗所ではOsmo Pocketの方が綺麗に写るはず!

画素数もOsmo Pocke方が優れています。

動画モードと写真モードの違い

Feiyu pocketは動画の撮影モードの項目が多く、
逆にOsmo Pocketは写真の撮影モードの項目が多くなっています。

表記はこのようになっていますが、
実際使うと機能はほぼ同じと考えています。

バッテリー使用可能時間の違い

Feiyu pocketは最大270分!
Osmo Pocketは140分となっていますが、
バッテリー容量は同じなのでFeiyu pocketはかなり省エネですね。

小型カメラの中では1番バッテリーが持つカメラだと思います!

アプリとの接続方法の違い

Feiyu pocketは本体にWi-Fiモジュールが搭載されていて遠隔操作が可能。
Osmo Pocketはアダプターで直接接続します。

Osmo Pocketも別売のワイヤレスモジュールを購入すると遠隔で操作ができますが、
あまり評判が良く無い印象です。

アダプターで直接繋ぐとスマートフォンで撮影している感覚で使えて結構気に入っています!

Feiyu pocketの接続が安定しているなら嬉しいですが、
小型カメラ全般リモートで操作すると、
動作が重かったり接続が安定しない印象があるので期待できないかも・・・。

Feiyu pocket と Osmo Pocket どっちを選ぶ?

Osmo Pocketを持っている場合

Osmo Pocketを持っているならわざわざ買う必要はないかなと思っっています。

形も機能もほとんど変わらず優れている点で言うと、
ジンバルの可動域と画角が広がったくらいなのでOsmo Pocketで満足できそうです。

Osmo Pocketを持っていない場合

これから買うなら価格は今なら1万円ほど安いのでありです!

でも室内での撮影が多いと暗所ノイズが気になるかもしれないので、
自身の撮影スタイルによります。

屋外の日中が多いなら差はあまりないと思います。

まとめ

今回はFeiyu TechのFeiyu pocketを紹介してみましたがいかがでしたか?

最初見たときはパクリ?と思ってしまいましたが、
中身もかなり酷似していました。笑

ただ今ならクラウドファンディングで安く購入できるので、
Osmo Pocketを買おうか迷っていた方にはいい商品だと思いました!

海外ではまだ販売されていないようなので、
今回のクラウドファンディングでの購入が世界最速入手可能です!

このサイズのカメラは旅行に持っていってもコンパクトなので持ち運びやすい!

在庫に限りがあるので気になる方は下のホームページを確認してみてください!

Feiyu pocketクラウドファンディングページ

過去に同じくFeiyu TechRICCAというカメラも紹介しているので、
よろしければこちらもご覧ください↓

今回はこの辺で失礼します!

それじゃあ、バイバーイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました